水素点滴による治療

酸化ストレスのメカニズム

美容と健康■酸化ストレスが発生する原因
酸化ストレスとは、酸化により体の中の細胞がダメージを受けてしまう作用のことです。
酸化とは、何らかの分子に酸素原子が結合することを指します。

大気汚染や食生活、激しい運動などが原因で過剰に発生した活性酸素は
酸化ストレスを亢進させ、DNAやたんぱく質などの生体成分を酸化させてしまいます。

通常は活性酸素を除去する抗酸化能が働き酸化ストレスを抑えてくれるのですが、
抗酸化能の力で追いつけないスピードで酸化ストレスが増え続けてしまうと
体の中にどんどん溜まっていってしまいます。

ストレスが溜まる

酸化したたんぱく質の中には、血中や尿中に出てくるものもあるため、血液や尿の簡単な検査で判明こともあります。

■体の老化により引き起こされる病気
細胞膜の脂質が酸化してしまうと、細胞の栄養の補給や老廃物の排出する機能に
問題が発生し、細胞の代謝が悪くなってしまいます。

また、細胞が損傷するだけでなく死滅したり、LDLコレステロールの酸化により血管が傷み、
シワやたるみなどの老化を促進してしまいます。

その他にも、近年の研究では酸化により動脈硬化やがん、糖尿病などの
様々な病気が発生するリスクが高まるということがわかってきました。

病気のリスク

これらの病気は体内に酸化した生体成分が異常に増えていたり、酸化ストレスによる
細胞の損傷が原因で引き起こされるケースが存在しているのを確認されています。

酸化ストレスは「酸化反応により引き起こされる生体にとって有害な作用」なので注意しなくてはいけません。

■体の抗酸化作用を高める
近年は「抗酸化」という言葉を聞く機会が増えました。
酸化は体に悪影響があるからといって完全に止められるものではありません。

その為、年齢と共に落ちてくる「抗酸化力」を高めてしまおうという考えが主流になっています。
ビタミンやポリフェノール類の摂取やストレッチのような軽い運動を日頃から取り入れ、
体を酸化させないことが大切です。