水素点滴による治療

水素の抗酸化作用

美容と健康水素には、抗酸化作用があると言われています。
このことは、水素の健康効果を支える理論的根拠にもなっていることです。

水素の作用

その仕組みは、通常において不対電子をもっている原子や分子はフリーラジカルと呼ばれており、
他の物質から電子を奪おうとする性質を持っています。

そして、電子を奪われた物質は酸化されたことになります。
その逆に電子を与えることのできる物質であるビタミンCやポリフェノールなどは
物質の酸化を防ぐことができ、これが抗酸化作用です。

水素は活性酸素のうち細胞障害作用の最も強いヒドロキシラジカルという物質のみを消去して、
細胞機能にも関与するスーパーオキシドや過酸化水素を消去しません。

こうした性質から活性酸素による酸化障害の治療法として活用されています。
1981年から死亡原因の第一位となっている病気は、がんです。
このがん予防にも、水素が注目されています。

がんの予防策として、水素の点滴が挙げられます。
得られる効果に関しては様々です。

予防の点滴

まずこの物質にはアンチエイジング効果があるとみられており、美容目的でも利用されます。
この成分をとりいれることで、活性酸素と体内で結びつき無害な水にする働きが認められているためです。

そして、美容だけではなく健康面でも現在活用例が多く見られています。
濃度を限りなく高めた飽和水素水点滴を打つことで、体内にとりこんでがんをはじめ様々な症状を予防及び改善します。

持っている効果はほかのビタミンCやコエンザイムQ10など、数ある抗酸化物質の中でも最も強い還元力を誇っています。
水素による抗酸化力は、ビタミンCの176倍・ビタミンEの431倍・コエンザイムQ10の863倍といわれるほど強力です。

そのため数ある抗酸化物質の中で最強と言われており、今後ますますの発展が期待されている元素です。
さらに分子が非常に細かいこともあり、点滴を受けることで体の隅まで行き渡ることも大きな魅力といえるでしょう。