水素点滴による治療

コスト面での水素点滴の強み

美容と健康最も優秀な抗酸化物質とされている水素は、体内で体にダメージを与える
活性酸素を速やかに除去する作用を持つため様々な病気の予防や
アンチエイジングなど健康の維持に役立つと言われています。

そんな水素を体に取り込むためには、最近話題の水素水を飲むという方法の他、
水素吸引や水素風呂などの方法があります。

さらに、体内でダメージが蓄積している患部により効果的に水素を送り込む方法として、
美容クリニックを中心とした各種クリニックでの水素注射や水素点滴が今注目を集めています。

水素は分子のサイズが小さい気体としての性質から、細胞膜を自由に通過し
体中に浸透させることができますが、その高い還元力のために、体に取り込まれるとすぐに
近くの活性酸素と反応してしまうという一面も持っています。水素の性質

そこで、水素点滴を使えば目的の患部に多くの水素を届けることができるのです。
そんな水素点滴は徐々に一般に知られるようになってきており、その効果を裏付ける臨床データも既に多く取られているものの、
未だ世間の認知が十分で無いこともありほとんどの場合、健康保険のきかない自費治療になってしまいます。

点滴に用いられる水素水は飲用の物と異なり過飽和水素生理食塩水という特殊な水素水が使用されているため、
料金は点滴1回あたり1万円前後にまでなると言われており、一般家庭で飲用の水素水を飲むよりも
コスト面ではかなり高額になってしまいます。

費用面しかしながら、血管を通して体中に効率よく水素を送り込む方法としては点滴に勝る方法は無く、
そのコストに見合うだけの効果が期待できる方法と言えるでしょう。

体中の水素濃度を高めることで美容やアンチエイジングに留まらず、アルツハイマー病やパーキンソン病、
リウマチ、糖尿病、動脈硬化、心筋梗塞、ひいては癌の予防にも効果があるとされています。

これらの効能が一気に得られると考えれば、1万円前後の水素点滴はコスト面で見ても決して高すぎる選択肢ではないと言えます。