水素点滴による治療

何故治療に水素水点滴を使うとよいのか

美容と健康活性酸素は、善玉活性酸素と悪玉活性酸素のに分けることができます。
善玉は体内で害を及ぼすウィルスや細菌などを攻撃して病気にかからないようにしますが、
悪玉は細胞を攻撃して細胞膜の脂質を酸化させ、細胞内に栄養が取り入れにくくしたり、
細胞内の核にあるDNAを傷つけ細胞に突然変異を起こさせたり、死滅させたりします。

活性酸素を除去しようとすると殺菌効果のある善玉まで体外に排出してしまうので、悪玉だけを取り除く必要があります。

しかし活性酸素はそこでも簡単に入り込めますが、これを除去するために使う脂溶性ビタミンは
細胞内には入れず、水溶性ビタミンでは細胞膜を突き抜けることができないし、どちらも活性酸素より大きいので
体内に行き渡りにくく、拡散しません。

しかし水素は大きさは活性酸素より小さく、細胞の奥まで入り込むことができ、拡散しやすいので体の隅々まで行き渡ります。
強い抗酸化作用を持っているため、酸素と結合して水となり、体外へ排出されます。

点滴で栄養を取り込む

活性酸素を取り除ける物質としてコエンザイムQ10、フラボノイドなどがありますが、悪玉か善玉化を区別しないで
結合してしまうので、すべて排除してしまいます。しかし水素水点滴を打つことで含まれている水素が
悪玉だけを選んで結合して水に変化して、尿になって体外へ排出されます。

水素水点滴とは、どのようなものなのか

水素水点滴治療とは専用の装置で水素を超微細な泡にして水に溶かし、直接血管に血液内に注入をして行う治療法です。
水素の濃度が高いほど水素の持っている抗酸化または抗炎症作用で細胞内に入り込んだ悪玉活性酸素を取り除いて
DNA修復を行い、細胞の働きが正常になるように助ける働きがあり、さらに老化の原因となる酸化や糖化、炎症を防ぎ、
病気予防や老化防止をして身体を整えると言われています。美容効果が期待できる点滴

水素点滴は病気の原因となる悪玉活性酸素を取り除くことで抗酸化作用や抗炎症作用、また抗アレルギー作用の他にも
医学的な作用として細胞膜修復や組織修復が挙げられます。

また水素水点滴をすることで神経細胞保護作用があるとされ、アルツハイマー病や脳梗塞などの
脳に関する病気の治療にも使えると期待されています。

水素水点滴で水素を体内に送り込むことで血管の内皮細胞に入り、動脈硬化や癌になる危険性を高める
悪玉活性酸素と結合して水に変わり、尿として体の外へ出されます。

水素水点滴には大きな副作用がなく、他にもアトピー症の緩和や不眠症の改善、また視力がはっきしたり、
体温が上昇して手足の冷えがなくなるなど、体質改善や健康維持にも役立っていることがわかっています。